君キャンプ僕キャンプ

キャンプを身近にするブログ

【ヒトリゴト】シン・キャンプ時代の幕開け 〜シン・ニホンに倣って考察〜

みなさんこんにちは。

今回は完全に夢想モードです。

 

一年ほど前に巷を賑わせた書籍で、

シン・ニホンというタイトルの本があります。

 

YouTubeやネットで要約を探ってみると、

日本人の過去の傾向・特性を捉えて、

今後、再度、日本が世界で勝つための、

一つの道標に想いを込めて記した書籍の様です。

 

さて、この書籍の中で、

日本の傾向を3段階で表現しています。

 

①新しい技術 → 「苦手」

②新しい技術の応用 → 「行ける」

③新技術を応用したシステム構築 → 「得意」

 

この内容を見て僕はワクワクしてしまいました。

 

今のキャンプを取り巻く環境が、

上のフェーズで言う第2段階にあるのではないかと。

 

アウトドアブームのカテゴリでは、

1990年代に第1次ブームがありました。

 

この段階ではキャンプはまだ新しい情報でした。

 

そして時は今、第2次アウトドアブームが到来し、

巷には新しいサービスがどんどん芽生えています。

 

キャンプ用品や関連サービスが次々と生まれ、

新しいプラットフォームが出来あがろうしています。

 

1人のキャンプ好きの人間として、

昨今聞こえて来るキャンプのマナー問題はあれど、

この先にやってくるより身近なキャンプの形が、

どんな形態変化を遂げて形作るのか、

妄想するだけでワクワクせずにはいられません。

 

 

少し話は逸れますが、

近年は皆んながストレスと闘っています。

 

そんな中にあってキャンプをすることは、

自然と触れ合い、自分の時間を過ごすことで、

本来のバランスにリセット出来る1つの方法です。

 

(マナーはしっかり守りながら)より多くの人に、

キャンプの良さを知っていただき、

少しでも穏やかな時間を取り戻してもらいたいです。

 

 

話は戻り、第2次アウトドアブームの到来で、

キャンプにも新しい世間の価値観が芽生え、

年齢や性別を超えた多くの人に受け入れられました。

 

この後、間髪入れずにやってくるであろう、

新しい仕組みを踏まえた第3次アウトドアブームが、

今から楽しみで仕方ありません。

 

そして、3次ブームの到来を促すのも、

今を生きるキャンパー1人1人の心掛けだと思います。

 

その時に向けて、より受け入れらた環境を夢見て、

キャンプの魅力を1人でも多くの人と分ち合いながら、僕もいちキャンパー/タキビストとして、

マナーを守りながら楽しんで行きたいと思います。

 

 

結構力任せな考察でもありますが、

キャンプマナーが問題になっている昨今、

皆さんと共有出来たら幸いです。

 

 

※ちなみに、「シン・ニホン」という本は、

 実際はキャンプと関係ありませんが、

 日本の将来に前向きになれる本の様ですので、

 興味のある方は是非お手に取ってみてください。

 

さてさて、

僕はチャルメラのバリカタを食べて明日に備えます。

f:id:ttanabe83:20210405220135j:image

 

ではでは。

 

FURIHITO

【キャンプ用品】春キャンプはこれで快眠〜月の半分が寝袋生活〜

 

皆さん、こんにちは。

緊急事態宣言の解除後、いかがお過ごしですか。

 

僕はまだキャンプに行けてなく、

日々、次回キャンプの妄想と共に過ごしています。

 

さて、今日は改めてになりますが、

スナグパックのエリート3について書いてみます。

 

と言うのも、今年に入ってから、

キャンプに行けずも、ベランピングをしてみたり、

次回のキャンプ用アイテムを探したりするのですが、

そんな生活の中で、一つ気付いた事があります。

 

キャンプへの憧れなのか、純粋に好きだけなのか、

ひと月の半分以上を家でも寝袋で寝ていました。

 

これまでも寝袋は持っていたのですが、

昨年の秋にスナグパックのエリート3を買って以降、

あまりにも快適で、家の中でも常に広げています。

 

f:id:ttanabe83:20210322230514j:image

 

リビングのテレビが見える位置に広げて、

夜な夜なキャンプ情報を漁りながら、

エリート3の肌触りに魅せられています。

 

税込2万円強と化繊の寝袋にしては値が張りますが、

この肌触りを知ると、コスパの良さすら感じます。

 

その名の通り、とてもソフティーなんです。

柔らかくとても滑らかな生地で嫌味がありません。

 

また、ダウンシュラフに近づけた保温性も、

他の化繊シュラフと比較すると雲泥の商品です。

 

実際、3,000円強の寝袋を持っていますが、

家にいる時にまで使おうと思えませんでした。

 

ですが、こちら、使っちゃいます。

しょっちゅう潜っちゃいます。

 

これからの春キャンプでは、

まだまだ夜が冷え込む事がありますが、

快適温度が-5度のエリート3があれば安心です。

 

緊急事態宣言が明けて、

ようやくこれからキャンプに行こうとお考えの方、

寝袋を新調しようとお考えの方、

是非是非、スナグパックをお勧めします。

 

この肌触りと軽さ、コンパクトさを、

是非一度体験してみてください。

その快適さにきっと驚いてもらえます。

 

エリートフリークな内容になってしまいましたが、

是非この快適さを共有出来たら幸いです。

 

 

ではでは。

 

FURIHITO

【ヒトリゴト】オシャレなキャンプ〜大人な乾杯酒〜《日本酒・獺祭スパークリング》

 

皆さん こんにちは。

緊急事態宣言がようやく解除されましたね。

 

そして、解除後初の週末は春の嵐ですね。

 

キャンプに行きたくて、首都圏の解除を、

今か今かと待っていた方も多いかと思います。

 

この雨をちょっと残念に感じられている方も

中にはいらっしゃるかなと思います。

ですが、焦らず、今しばらく皆で辛抱しましょう。

 

 

さて、緊急事態宣言も解除され、

ようやくキャンプ場も再開する様です。

 

次回、久々にキャンプが出来ることを祝して、

キャンプに行った際は、再開を祝して、

ひとり、何かお祝いをしたいなと思っています。

 

 

「何か良いものがないかな〜。」と探していると、

運良くピッタリなものを見つけることが出来ました。

 

f:id:ttanabe83:20210321125245j:image

 

かの有名な獺祭です。

更に、濁り酒のスパークリングときました。

 

f:id:ttanabe83:20210321133041j:image

 

「大人でお洒落!」

「しかも人と被らなそう!」

 

見た途端そんな言葉が浮かびました。

 

f:id:ttanabe83:20210321133122j:image

 

容量も180mlとちょうど良いです。

更に、価格も500円と大変お手頃です。

 

f:id:ttanabe83:20210321133241j:image

 

実際に飲んだ感想としては、

獺祭らしく、フルーティーで口当たりも良く、

スパークリングで爽やかなため、

これからの季節にもピッタリです。

 

複数人で行った場合でも、

高級感・贅沢感もあって雰囲気を楽しめそう。

 

次回キャンプが何人かは未定ですが、

是非、持っていって愉しみたいと思います。

 

f:id:ttanabe83:20210321133221j:image

 

ではでは。

 

FURIHITO

 

 

【キャンプ用品】ソロ〜2人キャンプにちょうどいいエスビットのコンパクトケトル

皆さん、今週も1週間お疲れ様でした。

今週はどんな1週間だったでしょうか。

 

3月に入って外も少しづつ暖かくなってきましたね。

暖かい日は20度に迫る程の気温で、

春キャンプの季節到来を実感する気候ですね。

 

さてさて、今日は仕事から帰ってきて、

我が家に新しい仲間が加入しました。

 

f:id:ttanabe83:20210312235341j:image

 

エスビットの0.6リットルのコンパクトケトルです。

 

キャンプに行けない時間が積もるのに合わせて、

次回キャンプでやりたいことが増えていきます。

 

ここだけの話、この2ヶ月ほどスマホに穴が開く程、

ずっとケトルを探していました。

 

サイズや形、素材も含めて、

色んなケトルの情報を何周もした気がします。

 

大抵のケトルの形や素材、サイズ感など、

結構頭に入ってる気がします。

 

そんな穴が開くほど見続けたケトルの中から、

最終的に選んだのがこのケトルでした。

 

f:id:ttanabe83:20210313000138j:image

 

届いた箱を持ち上げた時に最初に思ったのが、

「あれ、これ中身入ってるかな?」でした。

 

その軽さ、なんと140g。

単1電池よりも軽いんです。

 

軽さに不安になりながら恐る恐る箱を開けると、

そこにはちゃんと入っていました、ケトル。

 

f:id:ttanabe83:20210313000837j:image

 

キレイに袋に入って収まっていてくれました。

空箱だったらどうしようのドキドキを抑えながら、

包装袋から本体を取り出します。

 

f:id:ttanabe83:20210313001232j:image

 

ハードアルマイト加工された無骨な材質感に、

600mlというサイズが示すコンパクトさが光ります。

 

丸みをおびた形も程良く温もりがあり、

僕のお気に入りの雪峰との相性もバッチリでした。

 

f:id:ttanabe83:20210313002134j:image

 

左のこの雪峰はH200という型で200mlまで入ります。

 

ケトルの容量は表記上600mlなんですが、

すり切りまで入れてしまうと、

少し傾けただけで中身が溢れてきます。

 

なので、実質は550ml位で考えて大丈夫かと思います。

雪峰一杯と普通サイズのマグにもう一杯。

2人用の分量としてぴったりのサイズ感です。

 

もう少し大きなサイズの商品もありましたが、

僕のキャンプスタイルにはこれ位がちょうど良い。

 

ファミリーや3人以上で行く場合は、

もう少し大きい方が効率がいいと思います。

あくまでソロ〜2人用。ですが、そこが良い。

 

【購入の決め手】

・軽くコンパクトで幅をとらない。

・ソロ〜2人にちょうど良い容量を早く沸かせる。

・そして形状に愛着ぎ持てる。

 

そして、最後の決め手になったのが、

Amazonで1,000円ちょっとの割引が入っていたこと。

 

この子にしようとはほぼほぼ決めていたのですが、

最後の一歩が踏み出せずにいたところ、

まんまと背中を押してくれました。

 

 

これから気温も暖かくなり、

ちょっとしたお出かけも増えてくる時期です。

 

ちょっとしたプチキャンやピクニックなどに、

お供させてみてはいかがでしょうか。

 

 

たまに寒の戻りが有る様なので、

皆さまどうぞご自愛ください。

 

ではでは。

 

FURIHITO

 

【ヒトリゴト】【90秒で簡単!】キャンプでのおやつや夜食にピッタリな小腹メシ

 

f:id:ttanabe83:20210307145121j:image

 

皆さん、最近はいかがお過ごしでしょうか。

緊急事態宣言も所々解除される地域も有れば、

首都圏の様に延長の地域もあります。

神奈川在住の僕は例に漏れず延長の対象。

 

最近はキャンプへの想いを抱えながら、

キャンプのお役立ち情報やら新作ギアやら、

キャンプ飯やらを探しています。

 

そんなもどかしい週末を過ごしつつも、

今回、「これは⁈」と思えるものを見つけたので、

備忘を兼ねてご紹介します。

 

今回のセレクトアイテムは、

チャルメラの豚骨ラーメン」です。

 

f:id:ttanabe83:20210307151512j:image

 

小腹が空いた時、軽くいてかつ満足感も得たい。

そんな我儘を満たしてくれる一品です。

 

何より秀逸なのが茹で時間で、僅か90秒。

 

f:id:ttanabe83:20210307152117j:image

 

普段からカップ麺などを食べる機会がありますが、

キャンプ場では、例えば素敵な夕焼けみ見つけたら、

その瞬間に、イメージ通りの行動をしたくなるもの。

 

大抵3分〜5分で、この時間が何とももどかしいもの。

それが僅か90秒で食べれるのは嬉しい限りです。

 

f:id:ttanabe83:20210307154124j:image

 

今回は家の小鍋で調理しましたが、

麺を半分に割ればメスティンでも作れそうです。

また、単体の味を知りたくてトッピング無しです。

 

食べた感想としては、

麺も細麺でそれなりに豚骨ラーメンの雰囲気があり、

スープはコッテリ過ぎず、アッサリ過ぎず。

 

単体で主張をし過ぎない味なので、

豚骨ラーメンの王道トッピングだけで無く、

ソーセージやチャーシュー、胡麻やネギ、

ラー油なんかを加えても美味しいかも知れません。

 

お腹いっぱいになる程の量でも無いので、

夕飯のメインディッシュを控えている場合でも、

おやつとしての絶妙な役を担ってくれそうです。

 

もちろん、夜食としても食べ過ぎ感は無く、

ペロッと食べれてしまうのでおすすめです。

 

キャンプが遠い今日この頃ですが、

お手持ちのクッカーで作ってみたり、

ちょっとしたお家キャンプなどに如何でしょうか。

 

 

しばしば寒い日がありますので、

寒暖差に体調崩されない様にお気をつけください。

 

ではでは。

 

FURIHITO

【僕キャンプメモ】神奈川県のキャンプ用品店→戸塚のヒマラヤスポーツに行ってみた

 

みなさんこんにちは。

今週末は寒の戻りでとても寒かったですね。

みなさんはどんな週末を過ごされましたでしょうか。

 

僕は今週末は日曜の午後のみ時間が空いていたので、

午前中の用事を済ませた後に、神奈川県の戸塚にある

ヒマラヤスポーツに行ってきました。

 

戸塚駅周辺のキャンプ用品店を検索したら、

真っ先に出てきたのがこちらのお店でした。

 

ネットの前評判にワクワクしながら、

早速JR戸塚駅に隣接している『サクラス戸塚』へ。

こちらのお店はサクラス戸塚の B1Fにありました。

 

f:id:ttanabe83:20210228232249j:image

 

もともとスポーツ用品店なので、

お店の中はスポーツ毎に区画分けがされています。

区画の入り口上部に看板があるので分かり易いです。

 

僕が狙うは右奥にある「アウトドア」コーナー。

アウトドアコーナーの手前には、

「トレッキング」コーナーもありました。

 

ここはアパレルがメインの様子で、

ColumbiaやPatagonia、mont-bellが多い印象です。

一通りのキャンプ用の服装をも揃えられそうです。


f:id:ttanabe83:20210228232236j:image

 

「トレッキング」コーナーを過ぎると、

真っ先に目に入るのがスノーピークのテント展示。

 

ネットの書き込みにも有りましたが、

スノーピークの商品が多かったです。

 

f:id:ttanabe83:20210228232242j:image

 

「アウトドア」コーナーはキャンプブームの影響か、

陳列棚の商品が少し少ない印象です。

 

僕は普段、スノーピークの雪峰H200(チタンマグ)を

家でもキャンプでも愛用しているのですが、

ここ数ヶ月、お店で見ることがありません。

 

日本人にとって馴染み深い湯呑み形状や、

200mlという絶妙なサイズ感が人気の様です。

 

チタンで作られたダブルウォールマグで、

注いだものの匂いも付かず、傷も付きづらいため、

使い方次第では一生ものの相棒になると思います。

 

 


f:id:ttanabe83:20210228232246j:image

 

スノーピークの陳列棚正面。

全体的に品薄状態でちょっと物足りなかったです。

時期を待てば増えるのでしょうか。


f:id:ttanabe83:20210228232209j:image

 

こちらはクッカーやアウトドアフードのコーナー。

ベルモントのアルミクッカーが渋かったです。

 

コンパクトバーナーもいくつか有りましたが、

OD缶メインのラインナップになっていました。

僕の様なCB缶ユーザーには良い刺激です。


f:id:ttanabe83:20210228232216j:image

 

アウトドアコーナーの中央部分からの様子。

カテゴリ豊富に揃えてはいる様子ですが、

もう少し商品の種類が欲しいところではありました。


f:id:ttanabe83:20210228232227j:image

 

中央部にはトライポッドの焚き火サイト展示も。

足元の人工芝を広く取ったら雰囲気が増すのかな。。


f:id:ttanabe83:20210228232232j:image

 

最後にランタンコーナーです。

 

ジェントスをメインに色んなランタンがあり、

個人的にここは楽しかったです。

 

ただし、今回オイルランタンを見かなかったので、

オイルランタンを探している方は要注意です。

 

 

今回は急遽立ち寄ったヒマラヤスポーツさんですが、

全体的にグループやファミリーキャンプ向けの

商品が多い印象が残りました。

ライトキャンプ寄りの方には物足りないかも。

 

とは言え、出掛け先で急遽探して

キャンプ用品店を見て回れたことに感謝です。

 

 

これからやってくる暖かい風を楽しみに、

また明日から頑張りましょう。

 

ではでは。

 

FURIHITO

 

【キャンプ用品(番外編)】キャンプの教科書〜ふたりソロキャンプが面白い〜

f:id:ttanabe83:20210224214504j:image

 

みなさんこんにちは。

突然ですが「キャンプをする目的って何ですか?」

 

こんな漠然とした質問を投げかけられ、

僕は改めてワクワクしながら考えさせられました。

 

僕はソロキャンプがメインと謳いたいところですが、

キャンプ仲間とグループでのソロキャンもしばしば。

 

姪と甥のちびっ子たちと一緒に行くキャンプも、

キラキラ輝く笑顔に出会えるのでお気に入りです。

 

「そもそも、何でキャンプしているんだろう。」

 

結論、その答えに正解は無いのでしょうね。

というより、人の数だけ正解が有ると言うべきか。

 

皆んなそれぞれの楽しみ方があって、

それぞれの目指すスタイルも様々。

 

だからキャンプは面白くて、

みんなキャンプの魅力に魅入られていくのかな。。

 

なんて、漠然とした問いの答えは、

やはり漠然とした回答を得るに至りました。

 

 

話は変わり、

今回はこんなワクワクした質問を投じてくれた

「ふたりソロキャンプ」という漫画を

ご紹介したかったので書いています。

 

人付き合いが少し不器用な主人公に、

ひょんなことからキャンプ初心者の仲間が出来て、

キャンプの魅力を一つずつ拾い集めていく話です。

 

この作品が秀逸だなと感じたのは、

キーとなる登場人物を通して、

2つの目線が描かれている点です。

 

初心者目線では、はじめてのキャンプの準備から、

実際に購入するキャンプ用品の選び方。

 

ベテラン目線では、慣れたキャンプスタイルを

客観的におさらいするための道標を与えてくれます。

 

そして何より、キャンプのルールやマナー、

その本質を分かり易く描いてくれています。

 

キャンプの教科書的な扱いでも、

十分に成り立つ作品になっています。

 

外出自粛期間中で外に出れない今だからこそ、

キャンプの教科書を開いてみてはいかがでしょうか。

 

 

今日はここ数日の陽気が嘘のように、

真冬の寒気が戻ってきましたね。

 

昼夜の寒暖差や時折来る寒の戻りに、

体調を崩さないように、どうぞご自愛ください。

 

ではでは。

 

FURIHITO