君キャンプ僕キャンプ

キャンプを身近にするブログ

焚き火

【キャンプ用品】横浜でキャンプ用品店を探すなら 〜APORITO横浜〜

今回は、横浜の桜木町駅前、コレットマーレ内にある『APORITO』というキャンプ用品店の紹介です。 こちらのお店について、先日の記事でも少し触れましたが、コレットマーレ内に新規オープンした「ワークマン女子」のすぐ隣に、こちらも新しくオープンしたお…

【僕キャンプメモ】10月末の秋晴れキャンプ〜処により那田蜘蛛山〜

先週末は姉の家族の初キャンプに同行し、神奈川の直火OKのサイトでテント泊をしてきました。 この週は土曜日の朝から空もよく晴れ渡り、虫も少なく、まさにキャンプ日和の2日間でした。 キャンプサイトは河原に沿って長距離に渡りテントの設営が可能ですが、…

【キャンプのはじめ方】キャンプ用品について思うこと

最近は、一つ前のキャンプで使わなかったキャンプ用品を見つけては、『〜次回は持ってかないチャレンジ〜』をしています。 最近では、次のものが対象になりました。 ・メインランタン ・ジュニアバーナー ・お皿 ・カトラリー などがその類いでした。 そして…

【タキビスト】秋の夜長にIchiro’s Maltを厳選

明日は1ヶ月ぶりの泊キャンプ。 久しぶりのキャンプかつ、夜を楽しめる秋の夜長に、マッタリと飲めるお酒を選びにリカーショップに行ってきました。 行く前はシーバスリーガルのミズナラを考えていましたが、お店の中でIchiro’s Maltを見つけました。 以前か…

【僕キャンプ】Azarxisのテント(雨泊)

先週は天気が不安な中、新調したAzarxisのテントで泊まりのキャンプに行ってきました。 今回は秦野にある滝沢園キャンプ場にお世話になりました。 駅からバスでアクセス出来るので徒歩キャンメインの方でも比較的利用しやすい立地ながら、木々や川など自然に…

【僕キャンプメモ】火起こしワークショップ

先日は現地のあり物で火を起こすという趣旨の火起こし講習会を行ってきました。 小規模ではありましたが、殆どが「焚き火経験ゼロですがやってみたい!」とお声掛けいただいた方々。 用意した道具はいつものごとくミニマム。 用意したものは以下の道具のみ。…

【僕キャンプメモ】タキビストで在るために

タキビストで在るために、麻紐を解きます。 サイトに着いて何回でも火起こしが出来る様に、ただひたすらに麻紐を解くのです。 僕は美味しいお肉を鉄板で焼くのも好きですが、それよりも焚き火が好きです。 麻紐、フェザースティック、枝、薪などの順に火を育…

【キャンプ用品】バトニング用ナイフ

キャンプでの薪割り、バトニング用のナイフを新調しました。 ボーカーのマグナム・エルクハンターです。 ナイフを受け取った時の高揚感が、未だに手の中に残っています。 値段は6,000円弱と、高価すぎる訳ではありませんが、それでもバトニング用ナイフとし…

【僕キャンプメモ】ニンジャファイヤースタンド

僕の最近のお気に入りの焚き火台は、 パーゴワークスのニンジャファイヤースタンド。 重量はわずか280g。 それでいてサイズは360×360×300mmで五徳まで付いている優れもの。 僕の記憶が確かなら、、2020年8月現在では業界最軽量。 ソロだけでなく複数人で囲ん…

【愛用のキャンプ用品】愛用の火起こしセット!

8月に入って一気に暑さが増してきましたね。 日中は暑いけど、川辺や河川で涼みながら過ごすキャンプはまた格別な気持ち良さがあります。 今回はキャンプの時には必ず持っていく愛用のキャンプ道具セットを紹介します。 僕は焚き火が大好きで、この火起こし…

『キャンパー 』と『タキビスト』

巷にはキャンプが好きな人を指す『キャンパー 』という言葉がある。 そしてそれに似た意味を持つ『タキビスト 』なる言葉があるらしい。 キャンプを好んでメインに行う人達をキャンパー 。 対して、『焚き火』を好みメインで行う人達を、『タキビスト』と呼…

【僕キャンプメモ】雨の日の火起こし②

梅雨の時期のミニマムキャンプで、薪が濡れて/湿気っていて火がつかずに困ることがあります。 そんな時によくやる対処法として、次の2つはよく試します。 ① いつもよりけばの細かいフェザースティックを作る。 ②太めの枝を割いて中心近くの濡れていない部分…

【僕キャンプメモ】忘れもの

明日(日が変わって今日)は川沿いのキャンプサイトにデイキャンプに行く予定。 その準備をしている中で、自作の火吹き棒を前回のキャンプの際に置き忘れたことに気付いた。 上手く作れていて、気に入っていただけにショックは否めない。 まぁ、百円均一で買…

【僕キャンプメモ】雨の日の火起こし

この週末のキャンプは、 事前の天気予報に反して朝から雨でした。 昼頃に雨は上がったものの、流木をあてにしていた僕は乾いた薪が手に入らず、火起こしに想定以上の時間を要してしまいました。 キャンプサイトに着いて、 薪が湿気っていたり濡れていて火が…